HOME会社概要審議会活動学会関連環境プランナー講座案内活躍する環境プランナーアスベスト講習NGO支援リンク
 
国際/環境NGO支援活動
 
 
 

◆環境プランニング学会継続企画推進分科会が、環境配慮取組みにおける企業とNGOとの
コラボレーションを支援するため、協働しているNGO団体 http://www.ngo-arena.org/

 
       
   
◆環境プランニング学会継続企画推進分科会と国際/環境NGOとのコラボレーション
 
                        
*第5回コラボレーション(環境プランニング学会継続企画推進分科会例会)

【日時】2007年2月27日(火)13:00〜15:00
【会場】明治大学駿河台校舎アカデミーコモン館7階 A7/A8会議室
【内容】「企業が行う環境配慮活動の現状とNGOとの関わり」
【当日のプログラム】
○NGOと企業の双方の視点紹介
(環境プランニング学会事務局長代行/環境プランナーER/ISO審査員/元野鳥の会勤務 上原健)
○企業の環境配慮活動の実際
(オリンパス株式会社 前環境推進部部長 恒藤克彦)
○NGOと企業のコラボレーションの在り方
(環境アリーナ研究機構 副理事長 河野容久)
○質疑応答

<終了後のNGOよりの感想>
「強化していかなければならない分野でしたので、大変参考になりました。企画書を含め、具体的な事例をまた紹介していただければ幸いです。」
「自分の仕事の課題となっている部分でしたので、学ぶことばかりの講習会でした。また今回のテーマを掘り下げた話を具体的な事例を交えて伺えればと存じます。今後ともよろしくお願い申し上げます。」

               


*第4回コラボレーション(環境プランニング学会継続企画推進分科会例会)

【日時】2006年10月13日(金)18:00〜20:00
【会場】明治大学駿河台校舎アカデミーコモン館7階 A7/A8会議室
【内容】「日本と世界の環境問題の捉え方の相違及び問題点」

○.国際協力N.G.O.JVCによる南アフリカ活動報告
「環境保全型農業プロジェクトが生み出したもの」 
〜ひと、つち、むらが変わった〜
((特活)日本国際ボランティアセンター(JVC)南アフリカプロジェクト担当職員の方)

○人災による環境問題に対する先進国と世界との認識の相違
「緑の革命及びアグリビジネスによりもたらされたもの」
〜物質的に豊かになる先進国と荒廃する世界の国土〜
(環境プランニング学会事務局長 河野容久)

 
*第3回コラボレーション

【日時】2006年6月22日(水)PM2時〜4時
【会場】明治大学駿河台校舎アカデミーコモン7F インキュベーションセンターA7・A8会議室
【参加団体】10団体、12名
【内容】
効率的な会員管理手法
「大企業、中小企業及びNGO/NPOにおける現状とその効率化事例研究」

【当日のプログラム】
○ご挨拶及び寄付サイト現況 (特活)環境アリーナ研究機構 NGOアリーナ運営部事務局
○会員管理とスキーム及びシステム 
(特活)環境アリーナ研究機構 副理事長 河野容久

○NGO及び企業における会員管理の現状と効率化(ACCESSとEXCELによる運用事例研究)
経済融合会事業協同組合 部長 村島みどり

○質疑応答


<終了後のNGOよりの感想>
「大変密度の濃い 充実した内容だった」
「効率化には在り方の基礎が大切と、あらためて認識させられました。他の職員とも内容を共有して、業務の改善につなげていきます。」
「会員管理システムに関して勉強になったと同時に、ファイリングを初めとした事務の効率化に関する話を聞け、とても有意義な会合でした。」

 
*第2回コラボレーション
【日時】2006年2月22日(水)PM1時〜4時
【会場】明治大学駿河台校舎アカデミーコモン7F インキュベーションセンターA7・A8会議室
【参加団体】19団体、26名
【内容】
NPO/NGOにおけるステークホルダー(利害関係者:寄付者/ 企業/メディア等)の位置付けと社会的責任及びその保全を行うためのコミュニケーション活動の基本的考え方と実施のポイント
【当日のプログラム】
○1:00〜2:45 ステークホルダーとのコミュニケーション
清水正道(淑徳大学国際コミュニケーション学部 人間環境学科教授)
○2:45〜3:00 質疑応答
○3:00〜3:30 N.G.O./N.P.O.と企業とのコラボレーションに求められるもの
河野容久(環境プランニング学会事務局長、(特活)環境アリーナ研究機構副理事長)
○3:30〜4:00 質疑応答
 
*第1回コラボレーション
【日時】2005年10月13日(木)PM1時半〜3時半
【会場】明治大学駿河台校舎アカデミーコモン7F
【参加団体】25団体、32名
【内容】
・緊急支援時における体制について
・個人情報の取り扱いについて
・企業との取組みにおける組織体制について
 
Copyright(C)2005 EcoSys Consultibg Co.,Ltd All right reserved.